Do it yourself 簡単に作れるスチールファニチャー    工具一般へ(工具の説明)

シェーカー調チェア 新大和鋼材


シェーカー調チェア 
 シェーカー家具をイメージして作りました。 材料はミガキ棒鋼を使いました。
 鋼、ハガネを使った場合は錆びが気になりますが、 屋内使用の場合はペンキ塗装で十分です。

 私は床に接する面にウレタンを貼り付けました。
 高さは80cm、幅51cm、奥行き50cm、座面までの高さ40cmです。

 材 料
 ミガキ鋼材 4.5〜6ミリ厚 19ミリ幅
 ミガキ丸棒 7ミリ径
 鋼材の材料費は1000円程度です。 布テープは幅に応じて必要な長さが変わります。

 
必要な工具  溶接機、溶接棒、万力、金鋸、 ハンマー、 ヤスリ


大理石アクセントテーブル 新大和鋼材 大理石アクセントテーブル
  小さなアクセントテーブルを作りました。 高さ45cm 幅35cm 奥行き36cmです。
 台部分は厚さ3cmの大理石をはめ込みました。 とても重厚感があります。

  材料  大阪製鐵 アングル鋼 3x20x20
      王子製鉄 平鋼9x32、角鋼20ミリ
 アングルを使う事で大理石 板を簡単に収める事が出来ます。
 大理石は 中国産を利用しましたので、安く仕上がりました。
 その他、スプレー塗料が必要です。

スタンド マンションのロビー用 新大和鋼材

スタンド マンションのロビー用 
 マンションロビーに設置する為に制作しました。
 高さは鉄部135
cm、シェード上端までは178cmあります。
 以前、スタンドが盗難 されたので、とくにベース部(一辺78cmの三角形)を重く作りました。
 重量は25キロほどあります。

  
 3.2ミリの銅板をレーザーで切り抜きました。
 フリーハンドでデザインした原画をもとにデータを用意しまし
た。
 レーザーを使用することで鉄加工の自由度が飛躍的に広がります。
 屋外用の表札、ロゴなどもステンレスを使用すれば錆びの心配もありません。
   材料 3.2ミリ厚鋼板3枚、9ミリ厚べ−ス鋼板、16ミリ径パイプ、電球ブラケット、配線など


バレエのバー 新大和鋼材 バレエのバー 
 バレエ練習時に使用するバーを製作しました。 安定性が要求されるので、鋼鉄製パイプを使用
 し重量を確保しました。
 ベース部には平鋼を使用していますので、支え等がなく、練習時の特に脚の動きを邪魔する事が
 ありません。
ベース部とパイプ部分は取り外す事が可能です。

 高さ105cm、幅125cm、脚部の幅60cm、大きさは自由に作ることができます。
 我が家では洗濯物干しとしても活躍しています。「販売代理店募集中」 です。

新大和鋼材 八角テーブル

大理石八角テーブル 
 イタリア産大理石ポテチーノを使用したテーブルを製作しました。 天板の重さが100キロほど
 あるので、脚部をアングル鋼材で製作 しました。
 床面に対して滑りの良い素材を貼ってあるの
で、一人でも簡単に動かすことができます。

 材料  大阪製鐵製 アングル 6x75x75 イタリア産大理石 ポテチーノ 40ミリ厚、 
     対辺120センチ 天板固定には両面テープを使いました。